nuvagenicdiet.com

乳児期のアレルギーについて。

乳児期のアレルギーについて。

乳児期のアレルギーについて。 我が家の息子は生後6ヶ月を過ぎて離乳食を始めたあたりから湿疹に悩まされるようになりました。アレルギー科を掲げている小児科を受診しましたが、まだ小さいためアレルギーの原因はすぐには分からないがなんらかのアレルギーやアトピーの傾向があるのではないかといわれました。

まだ離乳食を開始してすぐの段階だったので、さまざまな種類の食べものを食べたわけではありませんが、小麦や大豆などのアレルギーも珍しくないことからアレルギー反応を抑える薬を服用しながら慎重に離乳食をすすめることになりました。特に卵などのアレルゲンになりやすいものを食べさせるときには細心の注意を払って食べさせましたが、幸い息子の場合は卵のアレルギーはありませんでした。1才を過ぎたころ、アレルギー検査を受けさせることをすすめられました。検査には採血が必要なのですが、赤ちゃんの採血は難しいこともあって、あまり低い月齢での検査は避けているようです。そのため、1才を過ぎてから検査を受けることは珍しくないとのことでした。この頃になると食べさせる食品の種類も多くなるので、アレルゲンの特定が必要でした。息子の場合はゴマのアレルギーであることが分かり、これはベビーマッサージにしようしていたごま油の影響のようでした。ゴマアレルギーは小麦粉や卵のアレルギーに比べて少ないので見逃されがちですが割りとあるものだそうです。原因が分かってからは病院と相談しながら治療を進めています。
Copyright (C)2014乳児期のアレルギーについて。.All rights reserved.